3月11日に思う - ネタバレ炎上!晒の章平!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(−)トラックバック(−)Edit

3月11日に思う

あれから4年。

その日わたしは確定申告も近いこともあり、

顧問税理事務所のある高田馬場にいた。

税理士との約束は3時だったのだが、

20分ほど早く着いたため遅いランチのため

駅前の雑居ビルの2階にある牛タンのねぎしにいた。

いつものようにカルビ定食のブラッキーを注文して

運ばれるのを待っていたのだ。

温かいお茶を飲みながら、外を眺めていた。

足元が少し揺れているように思えたのだが、

今通ったダンプがビルを揺らしたのだと思った。

ところが揺れが長いのだ。

しかもその揺れは縦にも揺れだし、今まで経験したことのないような

地震だということもわかった。

外の電柱も揺れている。

そして、店員に断って1階の出口に降りた。

そこには他の飲食店から飛び出してきた人たちも大勢いた。

しかし外に出ては落下物のこともあり出口で待機した。

古い雑居ビルでもあるので、これ以上大きな揺れになったら、

ビルの倒壊の危険もあり、揺れがどうなるのか待っていた。

2分くらいだろうか、ひとまず揺れが収まりねぎしに戻り

ブラッキーを食べていたところ、

揺れの第二弾だ。

さっきと同じように1階の出口で待っていた。

そして十分に揺れが収まり、安全を確信して

ブラッキーを完食してちゃんと支払いをして税理事務所へ、

6階にあるのだが、エレベーターは停止していたので

非常階段を上がった。

その年も十分に稼いだので、4月に用意しなくてはならない

納税額を確認して、次年度の計画を相談した。

事務所にはテレビもラジオもないが、パソコンがあったので

ヤフーのニュースで地震の情報を見ていた。

いつもなら地下鉄東西線で帰るのだが、不通だった。

JRでも帰れるので、運転再開を5時まで待ったが本日は

運転再開は望めないので、早稲田通りを歩いて帰ることにした。

吉祥寺方面に歩道を歩く人が大勢いたが誰もが黙って歩いていた。

時々電気屋の店頭にあるテレビを横目で見たら、

日本列島全体が赤い帯で覆われていた。

なんなの?

立ち止まってみたら、津波注意報でなく警報になっていた。

こんなの初めてだった。

高円寺あたりを通った時、足が棒のようになった。

もう歩けない。

家族も心配だ。

携帯も通じない。

ひょっとしたらと、思い

コンビニの店先の公衆電話を試したら通話ができた

父も母も息子も無事とのこと。

ほっとした。

阿佐ヶ谷を通り過ぎた頃、渋滞していた道路がすいてきて

振り返ったら荻窪行きのバス。

とりあえず乗った。バスには乗客は3人。

とにかく座って疲労を回復させたかったし、体も冷えていたのだ。

荻窪からはバスを乗り継いで家まで帰ることができた。

あれから4年も経つのに復興は遅れている。

こないだから発行しているメルマガの登録者に被災者が2人いる。

もっといるかもしれないのだが、2人がメールをくれたのだ。

1人は中3で被災してやっと高校を卒業したものの非正規雇用の女性。

裕福ではない、わたしを信じて言うとおりにやってみるとのこと。

この女性とは何度もメールのやり取りをしている。

ネットビジネスは超初心者である。

メルマガを発行して1ヶ月になるが言うとおりにやったら

結果が出たとの感謝のメールをいただいた。

わたしも少しは力になれたのかと、うれしくなった。

Kさん、よかったね。

もうひとりの被災者のTさんは40歳を過ぎている。

こちらの方は、報告がないのでわからない。

メルアドはわかるけど、そっとしておく。

行動すれば道は開けるのだ。

章平メルマガ⇒クリック

スポンサーサイト

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネタバレ炎上!晒の章平! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。